鍵の寿命伸ばすために鍵のメンテナンスを!

鍵の寿命は【5年から10年】です。

5年使用して壊れてしまう鍵もあれば、10年以上長持ちする鍵もあります。

 

 

随分あやふやな数字だと思いませんか?

寿命の差は鍵メーカーごとで異なりますが、どのメーカーにも共通して言えることは【鍵のメンテナンス】が重要だということです。

life-400x300

 

同じ鍵を使っていたのに10年以上の寿命差が!?

 

国内トップのシェア率を誇る【miwa】の錠前。

私の知り合いの家はだいたいmiwaの製品が設置されていますね。

 

ダウンロード (1)

 

 

とある日、知人から鍵が壊れたとの報告があったので、鍵の状態を確認しに行きました。

普段よく見るU9でしたが、以前に交換・修理を行ってから3年程だそうです。

 

 

低価格で使い勝手の良い鍵ですが、【U9】は3年なんかじゃ壊れませんよ?

実物を見てきたのですが、シリンダー内部が大分歪んでおり、スプリング部分が緩くなっていました。

恐らく、乱暴に扱いメンテナンスを全く行っていなかったのでしょうね。

 

 

 

20年間以上使用している方もおり、鍵のメンテナンスだけでもこれほど寿命が変わります。

ですが、20年前の鍵は防犯性能に問題があり、これはこれで交換を考えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

鍵・錠前のメンテナンス方法について

 

■鍵穴にホコリがたまる

錠の壊れる原因としてシリンダー内部にゴミが入り壊れてしまうケースです。

対策として【掃除機】で鍵穴のゴミを吸い込むのがお勧めです。

 

 

■鍵自体の手入れ

鍵の種類の中に【ディンプルキー】があります。

10000886-01

 

鍵の特徴として、丸いくぼみが複数あり、くぼみ部分にホコリが溜まりやすいのです。

なので、歯ブラシで良いのでブラッシングするようにしましょう。

 

 

 

■潤滑剤を使用する

鍵の抜き差しがスムーズにいかない場合は潤滑剤の出番です。

油の含まれていない潤滑剤であれば、鍵の滑りをよくすることができます。

 

滑りをよくするために油を使用しようとする方もいますが、それは大きな間違いです。

油をさすと壊れてしまいますし、潤滑剤もメーカー指定の製品を利用するようにしましょう。