鍵屋にカギを開けてもらうまで【永久保存版】

カギを紛失してしまい、どうすればいいのか焦ってしまう人が多いと聞きます。

普段遭遇しないトラブルですし、急ぎの用事があれば尚更焦りますよね。

 

初めてのことは誰もが焦り、困惑するものです。

今回は鍵を紛失してから、トラブル解決までの流れをご紹介いたします。

鍵屋

 

目次

  1. まずは思い当たる場所を探そう
  2. 出張専門の鍵屋に依頼
  3. 料金の目安
  4. まとめ

 

 

 

 

 

まずは思い当たる場所を探そう

カギを探す

カギを紛失したら、まずは【探す】です。

意外と近くに落ちていたりすることもあります。

 

 

■カギが落ちていた場所

道

・通った道

時間があれば、来た道をひきかえしてみましょう。

携帯を取り出すときに落とした可能性もあります。

 

 

電車

 

・駅

駅員に届けられている可能性があるので、電話で確認してみましょう。

 

 

洋服

・洋服の中

いつの間にポケットの中に!なんてこともあるので全てのポケットを確認。

 

 

 

 

 

出張専門の鍵屋に依頼

出張鍵屋

鍵が探しても見つからない!

となれば、鍵屋に依頼する他ありません。

 

 

■電話で依頼

電話

まずは電話で依頼します。

 

伝える情報は下記の通り。

  • お名前
  • 住所(トラブルの起きている場所)
  • 電話番号(連絡のできる番号)

 

 

 

■必要なもの

免許証

身分証明が必要です。

身分証明として使える身近なものは・・・・

  • 運転免許証
  • 保険証
  • 住基カード

 

 

 

 

 

料金の目安

お金

誰もが気になるのが料金

目安としては【1万円~1万5千円】です。

 

■鍵の種類で変わる料金

カギの種類

1万円~1万5千円となると、1.5倍も料金に差が出ています。

この料金差の原因は【カギの種類】なのです。

 

カギには多くの種類が存在し、開けやすいタイプもあれば、数時間かけても開かない鍵もあります。

 

 

 

 

 

まとめ

カギの種類によっては断る鍵屋もあり、わからないことがあればまずは相談がお勧めです。

カギの種類・形状を伝えれば大まかな料金も教えてもらえるでしょう。

 

紛失してしまったらぜひ一度ご確認ください。