イマスグできる最強防犯対策!10個+オマケ

カンタンにできる最強防犯対策10個をまとめてみました!

最後にはあなたの防犯意識度もわかります。

 

防犯対策

 

 

 

 

目次

  1. イマスグできる防犯対策 10個
  2. あなたの防犯意識度
  3. まとめ

 

 

 

 

 

 

 

イマスグできる防犯対策 10個

防犯対策の方法

 

カンタンで効果的な防犯対策をまとめて10個ご紹介いたします。

既に対策を行っている・意識している方はスルーで構いません。

 

 

 

01 郵便ポストのチラシをためない

住宅ポスト

 

郵便ポストにチラシをためこんでいる人は要注意!

泥棒はポストのためこみ状況を確認したり、送られてきた手紙を盗んだりして行動状況を把握します。

 

ポストは定期的にチェックし、溜め込まないようにしましょう。

 

 

 

 

02 洗濯物は外から見えるように干さない

洗濯物

 

泥棒は洗濯物を確認し、住人情報を予測します。

女性だけが住んでいる場合は特に危険です。

 

ダミーとして男性の下着を干すようにしましょう。

 

実際に70.8%の泥棒が女性のみの家を狙うという調査結果も出ています。

 

空き巣に入ってバッタリと住人に遭遇した時、対処できるようにとのことでした。

※数値は空き巣調査によるデータを参考。

 

 

 

 

 

03 無施錠は絶対にしない

無施錠

 

以前に泥棒の侵入口として1番利用されるのは窓だとご紹介しました。

しかし、玄関を無施錠のみに絞った場合は違います。

 

最も多い侵入口は、無施錠の玄関となります。

 

 

泥棒は侵入の際にまず、住人がいないかどうか確認するため玄関の鍵をチェックします。

閉まっていれば外出中と認識でき、窓から侵入します。無施錠で外出中とあればわざわざ窓から侵入する必要もありません。

 

必ず、近所への買い物時も鍵を閉めるようにしましょう。ことが起きてからでは遅いのです。

 

 

 

 

 

04 カーテンをつけていない

カーテン

 

近所を歩いているとカーテンを設置していない家が多いことに驚かされます。

インテリアとして捉えている人もいますが、カーテンは立派な防犯対策となります。

 

泥棒が家を狙う際に基準にするポイントはなんだと思いますか?

 

ポイントはお金になりそうなものがあるかどうかです。

どの家に侵入するにしても、見つかるという可能性が必ずあります。

それならば、1回の内にできるだけ多くの高価な物を盗みたいと思うのが泥棒の心理です。

 

 

カーテンがない家は、室内の目星となる物を判別されてしまいます。

 

 

 

 

 

05 ワンドアワンロックを減らす

ワンドアワンロック

鍵の数はワンドアツーロックが好ましいです。

一つしか鍵が設置されていないワンドアワンロックは、鍵取付を行って改善しましょう。

 

 

 

 

06 家の鍵は隠さない

鍵を隠す

たまに家の鍵を共有するために、玄関付近の鉢植えの下や、ポストに鍵を隠している方を見かけます。

 

この行為は非常に危険です。

他人が場所を知ってしまえば、外出時にいつでも出入りすることが可能です。

 

合鍵は1000円程度で作ることができます。

必ず鍵は共有するのではなく、1人1つ持つようにしましょう。

 

 

07 表札はフルネームで表記しない

表札

表札に家族全員のフルネームを記載している家は全世帯の約3割と言われています。

表札を出すのは常識だと捉えられますが、詐欺なども多いこのご時世にフルネームは危険です。

 

名字だけの表札に変更しましょう。

 

 

 

 

 

08 ディスクシリンダーは取り替える

ディスクシリンダー

 

ディスクシリンダーと呼ばれるギザギザした鍵を使っている方は要注意です。

このタイプの鍵は、約3分程度でピッキングにて開錠することができます。

 

防犯対策を意識するならば、ディンプルシリンダーと呼ばれる鍵に交換しましょう。

一つ6000円程度と高値にはなりますが、価格以上の性能を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

09 窓を開けっ放しにしない

窓が開けっ放し

夏場になると暑くて窓を開けっぱなしにする機会が多くなります。

 

しかし、窓を閉め続けることも辛いですよね?

窓を開ける部屋に人がいる時のみに絞ってみましょう。

 

 

 

 

 

10 ポストのマーキングをなくす

ポストマーキング

ポストや表札につけば覚えのない記号や数字がある場合は要注意です!

画像の10.18という数字は10時から18時まで留守という意味です。

 

その他にお金を持っているや、一人暮らしなどを意味する記号が20種類近く存在します。

記号の種類や意味は次回ご紹介します。

 

とりあえず、身に覚えのない記号は、見かけたらすぐに消しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

あなたの防犯意識度

チェックボタン

防犯意識度をチェックしてみましょう。

 

 

既に対策している項目を1として数える。

対策済みが9~10=しっかりと防犯対策を意識しています。泥棒も避けてしまう家です。

 

対策済みが6~8=常識程度に防犯対策ができていますが、泥棒に狙われる可能背がない訳ではありません!

 

対策済みが3~5=対策を施せる場所が複数あるので今一度見直しましょう!泥棒にも狙われやすい家です。

 

対策済みが0~2=非常に危険です。空き巣被害にいつあわれてもおかしくありません!

 

 

 

まとめ

カンタン防犯対策はいかがでしたか?

8番のディンプルシリンダーへの交換はお金もかかってしまいますが、最近の住宅では最初から設置されています。

高い防犯性を買われ、今後も普及率は高くなっていくでしょう。

 

その他の項目はイマスグにでもできますので、ぜひご自宅を見直してみましょう。

ちなみに私の防犯意識度数は8でした!