LINEで家の鍵渡しも!?あまりにもスマートキーが凄すぎる!

最新防犯技術を搭載した便利なスマートキーをご存知でしょうか?

近い将来爆発的に設置する家庭が増加すると予想されています。

今回は、徐々に広まりつつあるスマートキーの良さと危険性についてご紹介いたします。

スマートキー

目次

  1. スマートキーとは?
  2. スマートキーの利便性は?
  3. スマートキーの危険性は?
  4. 気になるお値段は?
  5. まとめ

 

 

 

スマートキーとは?

スマートキー

普及率はまだ高くはないと言いましたが、車用の鍵はほとんどスマートキーが設置されるようになっています。

写真のような鍵を使われている方も多いのではないでしょうか?

 

電波で鍵の開錠ができ、鍵を差し込まなくてもエンジン始動も可能となっています。

便利なスマートキーが車だけでなく住宅用として普及されつつあるのです!

 

 

 

スマートキーの利便性は?

利便性

カバンから取り出す必要がない

えーと、鍵はどこだどこだ~・・・となることはありません。

鞄の中に入れてるだけで鍵の開錠が可能です。

 

 

鍵をネットワークを使って渡せる

スマートキー

Akerun(アケルン)はスマートフォンを利用したスマートキーです。

2015年4月23日から販売を開始しています。

スマートフォンを使って開けるだけでなく、合鍵をネットワークを利用して渡すことが可能です。

 

例えば、友人と自宅で待ち合わせしていて、友人の方が先に家についた場合。

スマートフォンに合鍵データを送れば、友人の携帯が一時的に合鍵として認識され、鍵を開錠することができます。

 

また、複数の人が1つの鍵を利用する賃貸物件にも効果的です!

いままで、各不動産会社が管理人から鍵をいちいち借りに行っていましたが、これからは携帯一つで鍵の受け渡しが可能です。

 

Akerunの使用感想

既に市販されているakerunですが、購入者の感想はどういったものなのでしょうか?

 

ハンズフリー解錠はNexus6でテストしてみたんですがこれも機能せず。家の中にいる間に誤反応しないようGPS的に100m離れた後でないと動作しないんですが、何度か試した感じ開く気配がなし。

アプリを導入後、開錠を試みたそうですがなんと開かないという不具合が発生している模様。

また誤作動しないようにGPSで100m以上離れていないと、開錠機能は使えないというのも初耳の情報です。離れても開かないんじゃ元も子もないですが・・・

一時話題を呼んだスマートキーですが、技術的にはまだ足りないということ。

 

 

スマートキーの危険性

危険性

 

恐れるポイントは不具合が発生するかもしれないということ。

機械にはどうしてもつきものですよね・・・・

 

 

鍵の受け渡しが危険を生む

最も怖いのは第三者が鍵を勝手に作り、配布してしまうことです。

ネットの不正アクセス事件を見かけるように絶対に起こりえないとは断言できません。

 

 

電池切れで開かなくなる!

電池切れ

 

スマートキーや電子錠の欠点。

それは電気で動いてるということです。

配線処理が施されているタイプもありますが、電池で動いているスマートキーも多いのです。

もしも、電池が切れてしまったら鍵は持っているのに開けられなくなります。

 

 

気になるお値段は?

気になる価格

 

スマートキーの平均価格は約3万6000円!

便利ではありますが、既に設置されている鍵をわざわざ外して・・・と考えると迷う金額です。

ただ、オートロック機能もついており防犯性を考慮するなら悪くもない値段です。

 

取付料金は別途発生しますのでご注意を!

 

 

 

 

まとめ

まだまだ普及率も低いし、そんな鍵があるのか!と驚かれた方も多いでしょう。

スマートキーは今後さらなる技術的進化を見せることとなりますし、認知が上がれば普及率も高くなることでしょう!

 

新しいもの好きはぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

LINEで家の鍵渡しも!?あまりにもスマートキーが凄すぎる!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 増える電子錠!あなたはどんなタイプの電子錠に交換したい? | みんかぎ公式ブログ 鍵・防犯情報を毎日お届け

コメントは受け付けていません。