いつかは便利?鍵屋への支払い方法をまとめてみた!

鍵トラブルで開錠依頼を鍵屋に頼んだのですが、

 

支払い方法が現金のみだと言われ、利用することができませんでした。

 

 

鍵破錠+鍵交換を依頼すると3万円近くになり、お財布に毎回入ってるとも限りません。

 

今回は鍵屋への料金の支払い方法をご紹介いたします。

支払方法

 

目次

  1. 鍵屋の作業料金について
  2. 現金払い
  3. クレジットカード払い
  4. 請求書払い
  5. まとめ

 

 

 

 

 

鍵屋の作業料金について

作業料金

鍵屋は数多いですが、どこも似たりよったりな作業料金です。

 

どんな作業も1万円近くかかるので、現金払いとなるとなかなか厳しいですよね。

 

 

それに鍵がなくて家にはいれないので、お金もあるかどうか確認しようがない場合もあります。

 

 

作業料金がなんとなくわかってきたら、支払方法についてご紹介いたします。

 

 

 

 

現金払い

現金払い

どこの鍵屋でも対応している支払方法。それが現金払いです。

 

その場でお金を渡すので安心できます。

個人で運営している鍵屋は現金払いのみというのも多い。

 

 

お財布にお金が入っていれば問題ないのですが、都合もありますからね。

 

 

 

 

 

クレジットカード払い

クレジットカード

 

個人の鍵屋は現金払いのみですが、大きめの会社となるとクレジットカード払いが準備されています。

分割払いもできるので、現金を持ち合わせていなくても安心して利用することができます。

 

対応しているブランドは会社によって変わってくるので、事前に確認することをお勧め!

 

 

 

 

 

請求書払い

請求書

 

クレジットカード払いに対応している鍵屋であれば請求書払いも準備しているはずです。

 

会社経理の都合により、即日では支払えないという場合は請求書払いにて対応しています。

 

しかし請求書払いは一般客には行っておらず、法人であることが条件とされています。

 

個人でも鍵屋から信頼されれば、請求書払いにも対応してくれるそうですが、

もともとないものとして考えましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

まとめ

 

現金の持ち合わせも確認する必要があるので、クレジットカード払い・請求書払いできるところを覚えておくと困ったときに便利です。

クレジットカードもブランドで対応していない所も多いので、事前確認をお忘れなく!

 

ちなみに、支払方法ごとによる割引等はないようです。