鍵トラブルの発生箇所を徹底解明!誰にでも起こりうるトラブルとは?

鍵がなくて落ち込む人

「あぁぁ・・・鍵がどこにもない・・・・」

鍵トラブルは唐突です。
しかし、日頃から意識していれば減らすことも可能です!

今回はだれにでも起こりうる鍵トラブルについてご紹介します。

 

 

■目次

  1. 住宅の鍵トラブル
  2. 車・バイクの鍵トラブル
  3. その他の鍵トラブル

 

01.住宅の鍵トラブル

住宅

最もトラブルの多い場所が住宅です。

鍵を使用する機会も多いため、紛失してしまう人が多いのです。

 

 

 

 

・玄関の鍵を落としてしまった!

 

住宅トラブルで最も多いのが【玄関の鍵】紛失です。

特に夕方以降の紛失が多く、落としたことに気付かないパターンが多いようです。

 

 

鍵を紛失してしまった場合はまず下記を探してみると良いでしょう。

鍵の紛失場所

・会社や学校に置きっぱなしにしていた

 

出先に置きっぱなしだったというケースも多いようです。

帰ってきた道を戻るのはしゃくですが、一度確認してみましょう。

友人等に机まわりを確認してもらうのも良いでしょう。

 

 

 

 

・駅員に届けられていた

 

電車の中で携帯電話や本を取り出す際に鍵を落としてしまうパターン。

駅員に相談してみると、「届けられてますよー」なんてよくある話です。

ただ、最寄駅に届けられているとは限りません。

 

 

 

 

・道端に落ちていた

 

道中で落としてしまい、会社や駅に確認しに行ったときたまたま見つかるケースがあります。

会社等を確認しに戻るときは、通った道を引きかえすようにしましょう。

 

 

 

 

・交番に届けられていた

 

交番に鍵が届けられることは多いのですが、交番で受け取るという人は少ないようです。

受取人が現れず、毎年5000本以上の鍵が処分されているそうです。

 

 

 

 

 

03.車・バイクのトラブル

車の鍵トラブル

住宅に続いて多いのが、【車・バイク】の鍵トラブルです。

特に多いのは、鍵を社内に入れたままドアをロックしてしまうインロックです。

予備の鍵がなければ開くことはありません。

 

 

 

 

04.その他の鍵トラブル

金庫

金庫の暗証番号を忘れてしまったというトラブルは多く、鍵屋にも多数の開錠依頼が届いています。

開けるにしても、破錠が基本なので再利用することができません。

 

 

 

鍵トラブルのほとんどが今回紹介した箇所です。

これらの鍵や製品を取り扱う場合は、紛失・番号忘れに要注意です。