開かない金庫を開ける方法!金庫に関する3つのお役立ち情報

貴重品を守るための金庫が開かなくなってしまうトラブルが最近多いと聞きます。

長期的に利用するので、鍵の部分が錆びついたり、開錠番号を忘れてしまうのも無理ありません。

今回は金庫が開かなくなったときのお役立ち情報をまとめてみました。

KIN-NKK-MEK304

目次

  1. 金庫が開かなくなる原因
  2. 開かなくなったときのお役立ち情報
  3. 最近の金庫について
  4. まとめ

 

 

金庫が開かなくなる原因

f_3

金庫が開けられなくなる原因は大抵下記の2つです。

・鍵をなくした・ダイヤル番号を忘れた

・鍵が錆びついて壊れてしまっている

どちらの状態も自力で開けることはほとんど不可能なので、鍵屋に依頼しないといけません。

 

 

開かなくなったときのお役立ち情報

441a

 

【01】金庫の開錠料金は5万円以上!

金庫が開かなくなってしまったらまず鍵屋のような業者に相談が一番です。

鍵屋に開錠料金を依頼した場合、【5万円~15万円】します。

金庫は防犯性の高いものばかりなので、作業料金が必然的に上がってしまうのです。

 

【02】破錠が基本

鍵屋に金庫開錠を依頼した場合、大抵は破錠で開けることになります。

一度破錠してしまうとその金庫は二度と使えなくなるので、ダイヤル番号などを一生懸命を思い出すようにしましょう。

 

しかし、大手の鍵屋だと金庫のスペシャリストもいるため、破錠せずに開けることができるようです。

 

【03】開かなくなったときの対処方法

まずは家族に鍵の在処や、ダイヤルの番号を知っているか確認してみましょう。

金庫を壊した後に、家族が鍵なら持ってたのに・・・というなんとも悲しいオチがありました。

思い当たる場所は探してみましょう。

ダイヤル式ならば、携帯やパソコンにテキストで保存しておくと良いですよ。

 

まとめ

開けるためには高い技術を必要とする金庫。

まずは鍵をなくさないように隠し場所を作るか、可能なら合鍵を作っておきましょう。