こんな場所は要注意!鍵のトラブルが起きやすい場所

鍵のトラブルはいつどこで起きるのかわからないから対処が難しいのです。

今回は、トラブル事例を参考にどんなところが危険なのかご紹介いたします。

Fotolia_93590365_Subscription_Monthly_M

目次

  1. 鍵トラブルの発生箇所と対処方法 BEST3
  2. 鍵の寿命を長くするには
  3. まとめ

 

鍵のトラブルの発生箇所と対処方法 BEST3

102704

いつ起きるかわからないから事前に防ぎようのない鍵トラブル。

しかしトラブルの発生場所は似たり寄ったりです。これから紹介する箇所は鍵トラブル発生のBEST3です。

それぞれの発生原因と対応方法をご紹介いたします。

 

玄関扉の鍵

102705

最も使用頻度の多い鍵。それが玄関扉です。

出かける度に使用・持ち運ぶ鍵なのでなくしたり、壊れる可能性が高いようです。

まずはストラップや鞄に鍵を取り付けるようにして、普段からなくさないようにしましょう。携帯や財布のような大切な物に繋いでおくとなくさなくなりますよ!

 

貴方の玄関扉の鍵はしっかりとメンテナンスしていますか?

鍵の寿命は約10年と言われています。もちろん、メンテナンスをしっかりと行った場合の平均寿命です。

1年に1回は、鍵穴専用の油を使用して綺麗にしておきましょう。

 

 

シャッターの鍵

102701

シャッター扉の鍵は非常に壊れやすく、鍵トラブルが多く発生する箇所です。

鍵は思っている以上に精密にできており、シャッターを「ガシャン」と閉めた衝撃で壊れてしまうこともあるようです。

シャッターを閉める際はゆっくりと、地面との接触面に衝撃緩和剤を設置しておくと良いでしょう。

 

車の鍵

102702

鍵を中に入れたまま、ドアを閉めてしまうトラブルが多いのが車の鍵。

うっかり閉めてしまうこともあれば、子供が誤って閉めてしまうこともあります。

車の鍵は防犯性能が高いため、鍵屋に開錠を依頼すると高額になりがちです。

普段から、スペアキーを持ち歩くようにしましょう。

 

 

鍵の寿命を長くするには

102703

鍵の寿命はメーカーによって違いはでるものの、約10年程です。

それにメンテナンスをしっかりと行った場合の寿命なので、放置したままだと鍵はすぐに壊れてしまいます。

 

41JNhckAw-L._SX342_QL70_

鍵穴専用の潤滑材も市販されています。

ちなみに、注意しておきたいのは、通常の油をさしてはいけないということ。

専用の油でないと、結果的に鍵穴を壊してしまうことになります。

 

まとめ

鍵トラブルの主な発生箇所は、

  • 玄関扉
  • シャッター

この3か所の鍵を利用する際は日頃から注意を怠らず、1年間を目安にメンテナンスを行いましょう!