【安く】部屋のドアに鍵を取り付ける方法!

自宅と言ってもプライベートルームに鍵をかけたいと思ったことはありませんか?

でも業者は高くつきそうで頼みたくないし、一人での設置は何が必要なのかさっぱり。

今回は一人でも行える鍵取付の方法をご紹介したいと思います。

 

目次

  1. 自分で取り付ける際の注意点
  2. 必要なもの
  3. 取り付けるコツ
  4. まとめ

自分で取り付ける際の注意点

102809

鍵取付自体は自分でも行うことができます。

しかし、プロの鍵屋と比較した際に設置などが甘くなりやすく、壊れやすくなります。

重要な箇所に取り付ける際は無理をせず鍵屋に取り付けてもらうのが無難です。

ちょっとした鍵を取り付けたい。という場合にご参考ください。

 

必要なもの

102808

まず準備するものは鍵となるドアロックです。

ホームセンターやアマゾンで購入することができます。

ドアロックを選ぶ際は注意点があり、外開き用と、内開き用の2タイプが存在します。

事前に設置するドアが内開きなのか、外開きなのか確認しておきましょう。

 

鍵はドアロックに付属されていますが、1本しか入っていないことが多く、購入後は鍵紛失対策として合鍵を作製しておきましょう。

 

工具はプラスドライバーがあれば取り付け可能です。

ネジを壁に打ち込むタイプも多いので、ネジ用の穴を開ける工具もあるとスムーズに取り付けることができます。

 

取り付けるコツ

102807

よっぽど特殊な鍵でない限り、取付方法は至ってシンプルです。壁にネジを打ち込み設置するだけですからね。

取り付ける位置はドアの真ん中にくるによう取り付けること。

上下どちらかに偏っていると、無理矢理開けられてしまうこともあります。

 

またネジを打ち込み固定するドアロックが多いのですが、打ち込み箇所が少ないと衝撃に耐えられず取れてしまうことがあります。

最低、3か所はネジで止めるタイプを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

市販されえているようなドアロックの取付はカンタンに行うことができます。

しかし鍵屋が扱うようなしっかりとした鍵は、取り付け工事が必要となるため個人での設置はお勧めしません。

軽く鍵を取り付けたいという箇所のみ行うようにしてください。