防犯性能を高めるお勧めの鍵!鍵交換ならディンプルシリンダーに!

様々な手口で後をたたない空き巣被害。

貴方の家は防犯対策を施していますか?

今回は防犯を高めることのできる鍵をご紹介いたします。

110601

 

目次

  1. 一般的な鍵は防犯性能が低い?
  2. ディンプルシリンダーとは?
  3. ディンプルシリンダーの平均価格
  4. まとめ

一般的な鍵は防犯性能が低い?

110603

今あなたの家に取り付けられている鍵はどんなタイプですか?

もしかしてギザギザしている一般的な鍵ではないでしょうか?

ギザギザしたタイプを【ディスクシリンダー】と言います。普及率が高く多くの家に設置されています。

しかし、構造自体が非常にシンプルなためピッキングやリロッキングなど、不正開錠が容易に行われてしまいます。

ディスクシリンダーを利用しているのであれば、ディンプルシリンダーに鍵交換するのがお勧めです。

 

 

ディンプルシリンダーとは?

110602

ギザギザではなく、丸いくぼみが複数あるタイプをディンプルシリンダーと言います。

一見、形状だけが違うようにしか見えません。

しかしディスクシリンダーと比較して、防犯性能は数倍高いと言われています。

 

ディンプルシリンダーは複数のピンが様々な角度から噛んでロックしています。そのためピッキングといった不正開錠に強いのです。

恐らく、ディンプルシリンダーを不正開錠できる人物はこの世にそういません。

 

防犯性能が高いためか、鍵屋さんに鍵開けを依頼すると高額になりがちです。

 

 

ディンプルシリンダーの平均価格

110604

防犯性能が高いディンプルシリンダーの平均価格をまとめてみました。

鍵の主流は、ディスクシリンダーからディンプルシリンダーへと移り変わっており、多くの鍵メーカーから販売されいます。

平均価格は1万5千円程度。

安い鍵で5000円、高いものだと数万円する鍵も存在します。

 

 

まとめ

  • ディスクシリンダーは防犯性能が低い
  • ディンプルシリンダーが鍵の主流となってきた
  • ディンプルシリンダーはピッキング耐性がある
  • 平均価格は15000円程度

 

今回は防犯性能の高いディンプルシリンダーについてご紹介いたしました。

もし玄関扉にディスクシリンダーが使用されているのであれば、ディンプルシリンダーへの交換をおすすめします。

空き巣手口が発達していますが、防犯性能も比例して高くなっているようですね。