静かなる恐怖!空き巣が犯行を行う前に必ずすること!

いつ狙われるかわからない空き巣被害。

空き巣犯は犯行を行う前に必ず事前に行っていることがあります。

今回は空き巣犯の動きを調べご紹介いたします。

20030807-1

 

目次

  1. 必ず行う事前調査とは?
  2. どんなことを調査するのか?
  3. 対策方法
  4. まとめ

 

必ず行う事前調査とは?

alsok2-1

空き巣犯は犯行の前に下見を必ず行っています。

条件の良いところを見つけ出して、ばれない犯罪を行うためです。

もしあなたの家や近所を知らない人がウロウロしていたら怪しいと思って良いでしょう。

 

 

スーツ姿にご用心

maxresdefault

空き巣犯が下見を行う時の服装を知っていますか?

黒いジャージにサングラスなんてベタな恰好ではありません。多くの下見がスーツ姿で行われていると言います。

スーツ姿に資料をもっていれば、営業で住宅を周っているだけにも見えますよね?

知らない人が歩いていても怪しまれないため、下見調査はスーツ姿で行われるそうです。

 

 

どんなことを調査するのか?

BH07_12

空き巣犯が下見でさまざまなことを調査しています。

まずは家族構成を調べ、どんな人がどんな時間に外出しているのかなどを調べます。

夫妻はどのような仕事をして、いつ帰宅するのか。子供が学生ならどこに通っているのかなどなど・・・

 

そして家周辺の環境です。

犬は飼っているのか?外から見られにくい玄関かなど、犯行できやすい家かどうかを調べます。

狙われる家といえばお金を持ってそうな所が狙われやすいと思われますが、これまでの空き巣被害上、決してお金持ちの家が狙われている訳ではありません。

お金持ちの家は防犯対策もそれなりに行われています。

それよりも容易に侵入できる家の方がデメリットも低く狙いやすいのです。

どうせ私の家に盗むものなんてないよ!という人が一番狙われるのです。

 

対策方法

a5b718c097b7eb3986c38567247abb64

まず、自分の家は狙われないし、入られても盗られるものなんてないよ!と思ないこと。

本当に盗まれるものがなくても一度空き巣に入られると恐怖心が芽生え、今まで考えもしなかったことにビクビクさせられる思いに・・・

空き巣はお金もちではなく、防犯対策ができていないことを狙います。

 

それでは簡単な防犯対策方法をご紹介いたします。

  • 鍵は必ず締めること
  • 死角を作らないようにすること
  • 近所で協力して防犯につとめること
  • 鍵はワンドアツーロックを心がけること
  • 窓を防犯ガラスにすること

 

 

まとめ

空き巣犯は必ず現地に下見に来ている

スーツ姿の営業マンの恰好をして下見をしている

狙われる家はお金持ちではなく、防犯対策をしていない家

家族構成・家の環境を下見している

 

今回は空き巣犯の下見調査についてご紹介いたしました。

私の家が狙われる訳がないと思っている人こそ被害対象となってしまう可能性もあるため、防犯対策は怠らないようにしましょう。