ピッキングはもう古い!?鍵開け技術「サムターン回し」とは?

泥棒が扉を不正開錠するときどのような手法で開錠するかご存知ですか?泥簿と聞くとアニメや映画でみるような針金を使ったピッキングが印象的ですよね。

今回はピッキングに代わる新しい鍵開け技術、サムターン回しをご紹介いたします。

112401

目次
  1. ピッキングはもう古い
  2. サムターン回しとは
  3. サムターン回しは簡単に防ぐことができる
  4. まとめ

 

ピッキングはもう古い

112403

不正開錠の手段としてピッキングは有名ですが、ここ近年の鍵製品の防犯性能が向上しているため鍵の構造を知っただけでは開けられないようになっています。

心理傾向として泥棒は侵入に5分以上かかると諦めることが解明されており、決して開けられない鍵ではなく、開けるのに時間をかけるという観点から現在の鍵は作られ、普及しています。

ディンプルシリンダーのピッキング開錠は速くても15分以上はかかります。15分間も鍵穴をカチャカチャしていれば通報される可能性もでてくるのでそんな家を狙う泥棒もなかなかいないでしょう。

しかしこれはあくまでもピッキングでのお話です。いまやピッキングに代わる新しい鍵開け技術が不正開錠の主流となっているのです。

 

サムターン回しとは

112402

ピッキングに次ぐ鍵開け技術、それが【サムターン回し】です。

サムターンとは鍵を内側から開ける際に使用する部品の名称です。ピッキングがダメならばサムターンを直接回してしまえば開錠できるという考えです。

実はサムターンを外部から不正に回す道具も出回っており、道具さえ揃えていれば簡単に鍵を開けることができます。主な方法として玄関ポストの中からサムターンを回す手法が存在します。

 

空き巣の主流となる

この方法の特徴は簡単で早く行えることです。さらには外傷も与えないのでうまくやれば侵入された原因すらわからないというケースが多いようですね。

さらに怖いのは誰でもツールを購入することができ、ちょっとした鍵の知識さえあれば一瞬で不正開錠できてしまいます。これでは鍵がついていようがいまいが関係ありませんよね。

しかしご安心ください。簡単にできるこの不正開錠は、簡単にガードすることができます。

各鍵メーカーからサムターン回しを防ぐための道具が発売されているのでそちらを活用すればあっという間に不正開錠を防ぐことができます。

 

サムターン回しは簡単に防ぐことができる

112404

ピッキングよりも簡単にできるサムターン回しは防ぐ術はあるのでしょうか?

実は市販されているサムターン回し防止グッズを鍵に取り付けるだけで未然に防ぐことができます。防止グッズは様々なメーカーから販売されていますが、どれも似たような構造なので真剣になって選ぶ必要もないでしょう。

使い方は至ってシンプルで、サムターン部分に被せるように設置するだけです。

サムターン周辺に壁を作ることで、不正なサムターン回しを防ぐことができます。デメリットとしてはサムターンを回す邪魔になることですね。

1503.png

 

 

まとめ
  • ピッキングによる不正開錠は古い
  • 泥棒は侵入に5分以上かけない
  • サムターン回しが新たな不正開錠手段
  • サムターン回し防止グッズで簡単に防げる

 

今回は新しい鍵開け技術サムターン回しについてご紹介いたしました。

防止グッズも多く出回っており簡単に取り付けることができるため、未然に防げるかどうかはこれからの防犯意識にかかっています。