鍵は郵送してもいいの? – 鍵の送り方と品名について

何かの事情で鍵を届けないといけなくなってしまった・・・そんな時にふと出てくる疑問。鍵は郵送してもいいのだろうか?お金は現金書留で送らないといけないルールがあるので鍵にも特殊な送り方があるのでしょうか?

今回は鍵の郵送方法と品名についてご紹介いたします。

112701

目次
  • 今回の概要
  • 鍵は郵送できる?
  • レターパックの品名になんと書けばいい?
  • 封筒での郵送は危険
  • まとめ

 

 

今回の概要
  • 鍵は郵送できます
  • 品名も鍵と記載できる
  • 封筒で送らないようにする
  • 定型外ではなく配達記録郵便で送る

 

 

鍵は郵送できる?

112704

鍵を送る機会に何度か遭遇したことはありませんか?貴重品に部類される鍵は郵送することができるのか一度は戸惑ってしまうことでしょう。

結論から言うと鍵は郵送できます

鍵自体は重くないので料金も普通郵便であれば100円から200円程度の送料で送ることが可能です。失くしては困る鍵だけど送らないといけない!そんな時は配達記録をつけてちゃんと送られているのか確認しておきましょう。

もしものことを考えて、鍵を郵送するときは家の住所といった鍵の使える場所を記載してはいけません。落としてしまったら悪用される可能性もあるため、電話などを利用して「送った鍵は〇〇の部屋の鍵です」と伝えましょう。

 

 

レターパックの品名になんと書けばいい?

112702

レターパックの品名で悩んでしまう人も多いようです。それは鍵が送ってはいけないものかも知れないから悩む訳であって、鍵は郵送してもよいので品名には【】とはっきりと記載しておきましょう。

まれに電話などで事前に品名を通知してくれる宅配業者もいますので、適当な品名を書いているとそんなもの頼んでいませんと受取拒否される場合もあります。

 

封筒での郵送は危険

112703

貴方が鍵を送ろうとしているのであれば、送り方に気を付けてください。安値で済ませるがために封筒を利用するのは危険です。鍵は尖った形状をしているため衝撃で封筒を突き破ってしまう可能性も考えられます。

鍵は別の袋に入れ込み、二重・三重の状態にするのがベストです。

また、定型外ではなくて配達記録をつけて送るようにしましょう。もしもの時のために残しておきましょう。

 

実際になくしてしまった例

16062901.jpg

送っていはいけないルールはないが、実際になくすと信頼にもかかわってくるので渡すのは手渡しがベストだと言えます。だが遠くの相手におくる場合や、鍵屋となるとそうは言っていられないはずです。

実際に鍵をなくしてしまった配達業者も存在します。小さいものだったらしく途中で紛失してしまい、なくした配達員に不備があったと判断されて大変な目にあったようです。

しかしそれだけではありません。配達業者に鍵発送の依頼をした側も、受け取る側からの信頼性をなくしてしまい、物件の契約がそのまま破棄になったという話もあります。

そりゃそうですよね。どこのだれかが拾ったかも知れないというのに、住んでなんかいられない訳です。こういった失敗事例は1つだけではありません。

鍵を送る際は最善の注意を払って対応しましょう。

 

まとめ

今回は鍵を郵送できるかどうかをお届けしました。

鍵を郵送することはできますが、貴重品はなるべく手渡しするのがベストです。配達会社も不達だった場合の責任などは取ってくれません!