玄関扉の鍵を失くしてしまった!?3つの玄関鍵開け方法

玄関扉は鍵の中で最も使用頻度の高い種類です。

そのため鍵紛失や鍵修理などのトラブルが多く、年間数万件の被害が発生しています。

今回は、玄関扉の鍵を失くしてしまった時に役立つ、鍵開け方法をご紹介いたします。

目次

  1. この記事で伝えたいこと
  2. 失くした時にやってはいけない行為
  3. 鍵開け方法その1
  4. 鍵開け方法その2
  5. 鍵開け方法その3
  6. まとめ

 

この記事で伝えたいこと

  • 失くした時に行ってはいけない行為
  • ピッキングの方法が動画で公開されている
  • 鍵屋の鍵開け価格は1万円~

 

 

失くした時にやってはいけない行為

010702

玄関の鍵を失くすと家の中に入れないため、どうしようと焦ってしまいます。焦って鍵を開けたいが故にやってはいけないことをしてしまう人がいるので、下記行為を行わいように気を付けてください。

 

危険行為1:針金や木の棒を探し出してピッキングをする(実際に知識があるなら別です)

ついついやりがちなのが、ピッキング知識はないけれど映画やドラマなどを参考に試してみる方法です。鍵は非常に複雑な構造で作られており、小さな破片が内部に挟まっただけで故障の原因となります。

実際に3mm程度の欠片が内部に詰まっただけで鍵が開けられなくなるという事例もあるので、知識なしでのピッキング行為はやめましょう。

 

危険行為2:力ずくで玄関扉を開けようとする

同じように鍵の故障の原因となる行為です。力ずくで開けると鍵のロック部分が曲がり使えなくなってしまうため、思いきりドアハンドルを回したら、引っ張ったりしないようにしましょう。

 

危険行為3:持っている別の鍵を差し込む

開くはずもないのに持っている別の鍵を差し込むのも危険な行為の1つです。これも種類によっては内部が壊れてしまう可能性もあるため行わないようにしましょう。鍵穴に入りはしたものの抜けなくなるという事例もあります。

 

 

鍵開け方法その1 ピッキングする


ここから実際に鍵を開ける方法をご紹介していきます。まず1つ目、鍵の構造とピッキング技術をその場で覚えて開けてしまう方法です。実際に構造とピッキング方法を紹介している動画が公開されており、理解することは難しくありません。

普通ピッキング道具なども必要なのですが、紹介されている動画では安全ピンを使用するため誰でも行うことができる。と紹介されてはいるものの、実際はかなり難しいようです。

 

 

鍵開け方法その2 鍵屋に依頼する

010701

最も無難な方法が鍵屋を読んで鍵開けを行ってもらう方法です。平均価格はだいたい1万円くらい。※店舗によって金額はまちまち

鍵開けのプロなので一瞬で鍵を開けてしまうので驚きです!急用がある場合や、スペアキーを持っていない場合は活用してみると良いでしょう。

ちなみに鍵の種類によって鍵開け難易度が変わってくるので時間や値段も変わるのだとか。

 

 

鍵開け方法その3 窓を破る

010703

最終手段として紹介するのであれば、窓を破って中に入る方法です。ガラスを割る物があれば行える強行手段なので、どうしてもという時にだけ行ってみてください。

気を付けておきたいのは防犯装置の存在。secomが設置されている場合は警備員がやってきて家主が泥棒扱いされたという話もあります。

 

 

まとめ

今回は玄関扉の鍵を失くしてしまった時の鍵開け方法をご紹介しました。

一般的な鍵開け方法から、強行手段まで幅広く紹介しましたが無難な鍵開け方法はやはり鍵屋に依頼することですね。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中