株式会社オプナス【鍵メーカー】

創業80年以上の歴史を持つ鍵メーカーの株式会社オプナス(opnus)は、長年の技術を活かした商品はセキュリティが高いと人気の製造会社です。

今回はオプナスの会社概要と製品についてご紹介いたします。

001

 

目次

  1. 会社概要
  2. 事業所一覧
  3. オプナスの始まり
  4. 主力製品
  5. まとめ

 

会社概要

会社名:株式会社オプナス

所在地:〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-9 イトーピア橋本ビル6F

電話:03-5822-7511

創業:1930年 5月

従業員:123名

事業内容:各種錠前、セキュリティ商品の企画、開発、製造、販売

http://www.opnus.co.jp/company/profile.html

 

事業所一覧

オプナスの事業所は現在6箇所で確認することができます。

本社東京、札幌、名古屋、大阪、福岡、埼玉に事業所を構えており、現在は地方への拡大を検討中とのことです。

工場は埼玉だけにあり、その他は営業所ですので、錠前の企画・開発は東京の本社で行われています。

 

オプナスの始まり

002

始めは銀行という高いセキュリティを求められる機関向けに錠前を作成したのが始まりと言われています。金融機関はご存知の通り多くの人たちからお金を預からないといけないことから高い防犯設備が絶対条件です。

その鍵を製造しているオプナスに防犯セキュリティ技術を他メーカーと比較してもトップクラスでしょう。製造開始から徐々に名前が広がり、金融機関だけでなく住宅向け錠前や、自販機の鍵などを製造しはじめました。

常にセキュリティ向上を意識し、その技術が評価され様々な企業に採用されています。もしかしたらあなたのまわりにある鍵もオプナス製品かも知れません。

 

主力製品

この項目では株式会社オプナスの主力製品をご紹介いたします。新しく防犯性能の高い鍵交換をしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

MMX

004

MMXはチェンジキーと呼ばれるシリンダー交換不要のシステムを搭載したオプナスの主力錠前です。

鍵はディスクキーと言われるギザギザタイプの鍵ですが、チェンジキーと呼ばれる少し変わった特長を持っています。

鍵交換を行う場合、扉からシリンダーを外してすべて交換する必要がありました。しかし、MMXはシリンダーを取り外さなくても鍵交換を行うことができます。

チェンジキー(マスターキー)と呼ばれる鍵を指すことで、シリンダー内のピン情報を一度リセットすることができ、新しく使用したい鍵を回せば、自動的にシリンダーがピン構造を記憶するというシステムが組み込まれています。

主にマンションのオーナーさんに役立ち、鍵交換へのコストを減らすことができます。

 

パタンテ

003

パタンテはサムターン回し対策も施された防犯対策錠前です。

現在、空き巣犯の侵入方法として活用されるのが「サムターン回し」と呼ばれる、内側のサムターンを回して不正開錠してしまうという手口です。ピッキングよりも早く、技術力もいらないため多くの空き巣が利用していると言われています。

そんなサムターンを不正に回せないように作られたのがパタンテなのです。欠点としては鍵をなくしてしまった場合、鍵屋も開けるのが大変だということ。

 

まとめ

今回はセキュリティの高さを売りにしているオプナスをご紹介いたしました。

チェンジキーや、不正サムターン回し対策といった画期的な機能を取り入れるオプナスの今後の商品展開が楽しみですね。

鍵交換を考えているならぜひ株式会社オプナスを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中